胃にやさしい食事


バランスのとれた食事は胃腸を丈夫にすることは勿論、健康の源です。偏食は肥満ややせ過ぎを招き、病気に対する抵抗力を弱めます。食品には「これさえ食べていれば大丈夫!」というものはありません。あらゆる食品を満遍なく食べることが大切です。


★ 食事時間は規則的に
   胃の中が空っぽの状態が長く続くと、胃液の分泌が高まり胃が荒れる原因になります。欠食しないように心掛けましょう。
★ 量は少なく、回数は多く
   一度にたくさん食べれば、それだけ胃に負担がかかります。1日3回の食事にこだわらず、5〜6回の分割食にしても良いでしょう。但し、エネルギーの摂り過ぎには要注意です!
★ よく噛んで食べる
   噛むと食べ物がより細かくなって唾液と混ざり合い、胃で消化しやすくなります。1口で30回噛むのが目標です。
以上のことを考慮して、疲れた胃を労わってあげましょう!


消化の良い食品
避けたい食品
穀類
うどん・ご飯・パン・じゃがいも 等
ラーメン・とうもろこし 等
肉類
鶏ささ身等の脂肪の少ない部分
ベーコンやハム等の脂肪の多い部分
魚介類
白身魚・カキ・はんぺん
タコ・イカ・貝類・練り製品・脂の多い魚
大豆製品
豆腐・引き割り納豆
大豆・油揚げ・がんもどき・ナッツ類
卵製品
半熟卵・卵豆腐・ポーチドエッグ・茶碗蒸し
卵コロッケ
野菜
大根 等
繊維の多いもの・葉もの→細かく刻む
油脂
マヨネーズ・バター・生クリーム
揚げ物(少量ずつ様子を見て)
飲み物
牛乳・ヨーグルト・乳酸飲料・豆乳
炭酸飲料・コーヒー・アルコール