挨拶

 私たちは、病院の基本理念「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」を念頭に、心に届く看護を大切にし、地域住民のニーズに対応した安全・安心な看護の提供を目指しています。 
 看護部では急性期・一般病棟から療養型病棟まで、一貫した流れを持つ看護を展開し、更に介護部門との連携により、入院から退院、そして在宅医療にも力を注いでおります。

 また、研修会や院外勉強会への参加を奨励し、スタッフのスキルアップを目指し、看護研究への取り組みでキャリア開発を支援したりと看護師の育成にも力を注いでいます。

 地域の皆様に寄り添い、「ありがとう」の言葉を頂き続けられる静仁会静内病院を発展させていきたいと思います。

静仁会静内病院 看護部細川 真喜子

理念

・心にとどく看護を大切にし、地域住民のニーズに対応した安全で安心な看護を提供します。 
 

 看護部基本方針

  1.地域住民との対話を大切にする
  2.知識技術の向上に努める
  3.感染予防・医療事故防止に努め、安全で安心な看護を提供する
  4.働きやすい職場環境を作る

看護部紹介

 当院の看護部は4つの病棟・外来・訪問・手術室・透析室などから構成されています。

 業務の内容は違いますが、それぞれが心にとどく看護を大切にし、力を合わせて看護に努めています。

在宅看護
 心に残る看護を合言葉に、独居や老夫婦のお宅を訪問し、予防から看取りの訪問看護、訪問診療を行っています。

看護体制

・当院ではチームナーシング・受け持ち制をとっており、日勤・夜勤の2交代制シフトで患者さんの看護を行っています。

看護単位

・●病棟(4病棟・199床稼働)
 3階西病棟60床/一般急性期病棟(看護/13:1 助手・25:1)
 2階南病棟50床/一般障害者病棟(看護/13:1 助手・50:1)
 さくら病棟45床/医療型療養病棟(看護/25:1 助手・25:1)
 あやめ病棟44床/医療型療養病棟(看護/20:1 助手・25:1)
 ●手術室(3術室)、中央材料室
 ●外来部門 ●透析室(31床) ●訪問看護室 ●健診センター

看護師の出身学校

・当院の看護師は新ひだか町や日高町、浦河町などの地元出身者や、苫小牧、札幌などの道内出身者、道外は沖縄や長崎まで、日本全国から看護師が集まっています。

道内
王子総合病院付属看護専門学校、美唄聖華高等学校、浦河赤十字看護専門学校、苫小牧医師会付属看護専門学校、勤医協札幌看護専門学校、市立室蘭看護専門学院、日鋼記念看護学校、北海道大学医学部附属看護学校
道外
金沢医療技術専門学校、浦添看護専門学校、田北看護専門学校、阪奈中央看護学校、倉敷看護専門学校

 

ページの先頭に戻る